サエルお試しセット|サエル美白は効果ない?

大人敏感肌の救世主をようやく探し当てました!サエルならもうピリピリせずに美白できちゃう!
敏感肌だと、美白ケア化粧品は刺激の強い考え方があって、なかなか手が出せませんよね。

せっかく肌に合った美白ケア商品が気付かれても、だいたいのグッズはまる切ししすぎていて、乾燥気味の肌もいたわってくれる気配りの行き届いたな美白化粧品に出逢えている人は少ないのではないでしょうか?

そんなあなた自身にぜひ知ったとしてもらいたい、乾燥が悪い敏感肌でも信用して使える、美白基礎化粧品「サエル」を見つけてしまったようです!

ここではそのサエルを徹底解剖なればうれしいところです!

 


乾燥敏感肌に美白は効かない!?

敏感肌だと、新しい化粧品を試す時は、自分の肌に合うんだろうか?と使う従前より前から思い切りがいりますよね。

おそるおそる試してみては、痛みや肌荒れをもたらしたり…。それもあって、美白基礎化粧品においてののをあきらめている人が多いんです。

実は、敏感肌の人の肌は、健康的な普通肌の人の肌に比べて紫外線の影響を受けやすく、しかも美白効果が得られにくいと言う悲しいデータがあるのです!

実際に、敏感肌の女性208名にインタビュー調査をした結果、「美白ケアの効果、感じていますか?」との質問に対して、なんと約71%(148名)もの女の方が、美白ケアの効果を「ピンと来ていない」と答えたのです。

と言うのは、敏感肌特有のバリア機能の弱さにあったとのことです。

敏感肌のシミ・くすみのサイクル

①敏感肌のバリアつかいみちが低下した角層の隙間から、肌の奥の水分が放出し常に水分を失った状態に。

②紫外線で傷を負うと、敏感肌は絶大で反応。炎症が発生し、肌メカニズムがさらに低下。

③そういうことから、過剰なメラニンが生まれ、シミ・くすみとして肌表面に止まってしまう。

このように、角層の荒れた肌では、肌内部の水分がどんどん蒸発していってしまうため、肌のキメが乱れた状態となり、紫外線の影響を直接に受けやすくなってしまいます。

そうして紫外線を浴びた敏感肌は、自身を守ろうと過剰にメラニンを生成し、シミを作ってしまうという訳ということですね。

バリア機能が弱く、メラニンも多い敏感肌

敏感肌は、バリア機能が弱い事に加え、メラニンが多いようになっています。

健康的な肌に比べ細胞のメラニンがいっぱい、肌がもともと持っているバリア機能もものすごく敏感な状態にあります。

これが、シミが出来が簡単な敏感肌特有のローテーションを作ってしまうのです。

に満たない図では、健康的な肌と敏感肌に同じ量の紫外線を発散して、9時間後と6日後の規定された肌の状態を見比べる事が出来ます。

UVを照射してから9時間後の肌を比べてみると、敏感肌の方が赤みが強く表れているのが一目で分かります。

さらに6日が経ったあたりでは、元気な肌は赤みも消え紫外線照射前と一定の状態に戻っている筈なのに対し、敏感肌にはすでに茶色いシミが生まれてしまいました。

こういった情報から見てもわかるように、敏感肌では美白をどんなに徹底的にも、角層の荒れた肌の状態のままでは紫外線ダメージを直に浴びてしまうため、満足に美白効果を得られないのです。

そのため、敏感肌の人は、美白ケアのみならず、同時に肌の角層ケアができる保湿力の高い化粧品を選ぶことが要求されます。